幼葉の時から、健全な海苔芽を育てる!

1回目の摘採までに予防を目的にした活性処理をおすすめ

●活性剤の栄養分の吸収もよく、健全な芽に育ちます。
●海苔細胞へのストレスも少なく、赤グサレ菌やケイ藻などへの効果も抜群です

海苔プラスの特徴と効果

海苔に活力を与え、アオや赤グサレ菌だけでなく
ガンコなケイ藻の予防や駆除にすぐれています

海苔プラスの実力

アオノリ駆除

アオノリ駆除

赤グサレ菌駆除

G350使用 100倍希釈 18℃浸漬5分後

赤グサレ菌駆除
処理前
赤グサレ菌駆除
処理後

リクモフォラ(ケイ藻)駆除

P3500使用 100倍希釈 18℃短時間処理60秒

リクモフォラ(ケイ藻)駆除
処理前
リクモフォラ(ケイ藻)駆除
処理後

タビュラリア(ケイ藻)駆除

アプロ活性強化塩5%添加 P3500使用 100倍希釈 18℃短時間処理60秒

タビュラリア(ケイ藻)駆除
処理前
タビュラリア(ケイ藻)駆除
処理後

海苔の研究所

佐賀大学と共同研究を進めています

2006年IPS細胞の誕生で多機能性幹細胞は再生医療の重要度を高め、他の生物への応用も進んでいます。 アプロジャパンは海面養殖と陸上養殖との技術コラボを通じて海苔細胞の品質向上に取り組み、新たな可能性を追求しています。

技術開発室の成果

世界初といわれる海苔細胞の原形質流動やバースト(破裂)の動画撮影は活性処理の最適条件やスミノリなどの原因究明にも応用できます。リアルタイムでの観察により海苔細胞の生理現象を解明し短時間での栄養塩吸収や光合成をコントロールすることが可能となります。

海苔の研究所

海苔のプロセス動画の撮影に成功しました(世界初)

クモリノリやスミノリの細胞の内部で、原形質がどのように流れるのか、そのプロセスの動画撮影に成功しました。

海苔細胞の原形質流動(動画)

海苔細胞のバースト(動画)

通年培養
年間を通して健全な海苔の育成だけでなく、ツボ状菌・アオノリ・赤グサレ菌・タビュラリアの培養も続けています。

通年培養

製品紹介

製品紹介

日本人の国民食とも言える海苔養殖が危機的状況にあります。
20年前、年間の生産枚数は100億枚を超えていましたが、近年は80億枚を下回るようになり、「10年後は100%韓国や中国からの輸入海苔になる」と言う学識経験者もいます。
国産海苔が激減した要因は、温暖化による海水温の上昇と、海が綺麗になり過ぎて窒素やリン等の栄養塩不足による色落ち現象が早まり養殖の漁期が短くなったからだと言われています。

全漁連・全海苔連 海苔養殖用活性剤

ゴールドシリーズ・プラチナシリーズ

新デプレS(養殖海苔活性剤)

新デプレS(養殖海苔活性剤)

幼芽から成芽まで安心。処理後のノリ細胞の収縮がほとんどなく、ノリに対して安全で失敗が少ない。

海苔プラスと合わせて活用ください(当社関連商品ラインアップ)

お客様の使用状況に合わせてお選びいただけます

海苔プラス栄養剤(養殖海苔栄養剤)

海苔プラス栄養剤(養殖海苔栄養剤)

窒素やリンなどの栄養塩の吸収がよく、赤グサレ菌やケイ藻の予防に。希釈倍率は70倍~200倍
NET:20kg
梱包:バッグインボックス

アプロ活性強化塩

アプロ活性強化塩

ガンコなケイ藻の予防と駆除にアプロ活性強化塩は効果的。pHの目安は3%濃度の海水(10℃)にアプロ活性強化塩を足した時のpH変化を示します。
NET:20kg
梱包:クラフト紙袋

アプロ活性強化塩

<アプロ調整塩(海水10倍濃縮液)

アプロ調整塩(海水10倍濃縮液)

近日発売予定

アプロ調整塩に水道水を混ぜるだけで、簡単に雑菌の少ない海苔専用の海水ができる。水道水900Lに対してアプロ調整塩100L混合。
NET:20L 梱包:バッグインボックス
NET:1000L 梱包:IBCコンテナ

<海苔ドライ(冷凍網の水分調整剤)

海苔ドライ(冷凍網の水分調整剤)

冷凍入庫前の脱水海苔網に海苔ドライの粉末をまぶして袋詰めにする。冷凍網の水分の蒸発を防ぎ、劣化を抑え、出庫後の成長も早い。
さらに、海苔芽の脱落や形態異常などの冷凍障害も防ぐ。

関連記事

新着情報一覧を見るNEWS 新着情報

ご注文・お問合せ・ビジネスパートナーのお申し込みはコチラ

以下のお問い合わせフォームにご記入ください。

氏名必須
会社名必須
部署名
住所
TEL
E-mail必須
お問合せ内容
  • 海苔プラスについて
    新デプレSについて
    アプロ活性強化塩について
    海苔ドライについて
メッセージ必須

上記ご確認の上、送信して下さい。